Mastodonに迫る(気がする)『bot汚染』

Pawooの登録ユーザー数が10万人を突破しました。

「使い方がわからない」というトゥートが散見されるものの、
ユーザーも次第に馴染んでいき、Mastodonの本懐である
「特定の管理者に一極化しない分散的インスタンス」を実現しながら
これまでのTwitterと同様の使われ方が盛んになることでしょう。

……そう、「これまでのTwitterと同様」の。

Mastodonの近い将来に予見される課題

まずはタイムラインの種類をおさらい。

Mastodonをユーザー側から見たときの大きな特徴は、
「ローカルタイムライン」と「連合タイムライン」です。

ローカルタイムラインは、ざっくり言うと
サーバー内ユーザー全員の投稿でできたタイムライン。

連合タイムラインは、自サーバーのローカルタイムラインに加え、
別サーバーのローカルタイムラインをも含めたタイムライン。

※ユーザーが別サーバーのユーザーをフォローすること(リモートフォローと呼びます)を契機に連合が結ばれ、サーバー管理者によって連合を拒否することができます。

加えて、Pawooの試験的機能として
「メディアタイムライン」というものがあり、
画像や動画などのメディアを含む投稿を抽出した
ローカルタイムラインが存在します。

これらのタイムラインによって
自分がフォローしていないユーザーの投稿も
リアルタイムに確認することができるため、
Twitterよりも活発に、新たな繋がりが
生まれたり生まれなかったりするんじゃないかなぁ、と
副次的な期待を寄せていたりします。個人的に。

Twitterと “同様” だと、botが邪魔かも。

しかし、です。

Twitterに限ったことではありませんが、
「bot」と呼ばれる仕組みが存在します。
設置した人に代わって、自動的に投稿するプログラムです。

フォローしていない人の投稿も見られるということは、
こうしたbotプログラムが短時間での連続投稿を行うと、
ローカルタイムラインがbotによって汚染されます。

Mastodonにおいて、無節操に連投を続けるbotが乱立した場合、
私たちはそのbot達を、発生の度にブロック、
あるいはミュートしなければならない可能性があります。

このメンテナンス作業は非常に手間がかかるため、
ローカルタイムラインとメディアタイムラインは使われなくなり、
最悪、botの跋扈を原因とした連合解除にも発展しかねません。

どのように対策するか?

前提: (bot置く人もうちょっと頭つかって)

ささやかながらプログラミングも嗜む身としては、
正直「自分のお砂場を作ってそこで遊んでくれ」と思います。

でもたぶん「手軽にbotが作れるサービス」とか
何も考えずにどんどん公開されて発展していくと思うので、
言っても無駄かな、とも思っています。

月並みですが: 地道に通報するしか……

で、いきなり悲観的な結論を出しますが、
はじめは地道に通報していくしかないと思います。

お作法の悪いアカウントを見かけたら、通報。
諦めずにブロック / ミュート / 通報をしていくことで
管理者側で対策を打つためのデータも集まっていく……はず。

まずはどういったモノがMastodonの運営において有害か、
傾向を把握する必要があります。

余談ですが、オークションサイトでの違法な出品も、
見かけたときには必ず通報するようにしています。
勝手に版権イラストを加工して
カーステッカーにして売るのとか多いですね。

考えられる暫定対策機能として

アカウント単位でのブロックは非常に骨が折れるので、
クライアントアプリ単位でのフィルタが
Mastodonの機能として備わるといいなぁ、と思います。

「botか人か」を機械的に判断するのは
多大な労力を要するはずなので、暫定策として
「特定のクライアントのみを表示する」というようなフィルタを
ローカルタイムラインに対して施せればよい、と考えます。

ホームにはフィルタかけられるんですけれど、
ローカルタイムラインは現状フィルタできないのですよね。

Webと公式アプリ以外は除外する、とかできれば
botによる汚染から逃れられてタイムラインも機能するはず……

あるいはサードパーティのクライアントアプリでも、
そういう機能を実装したらモテるよ、たぶん。オススメよ。

たぶん他ならぬ開発者が気づいていて
対策も考えられているだろうとは思うのですが、
答えを知ってる人がいたら教わりたい気持ちで、
とりあえず記事にしてみました。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

コンポジット端子がまだまだ現役です

ニチアサ視聴のためTVチューナーを買いかけていたのですが、
自宅の配線構成を冷静に確認してみたら、
リアルタイムに視聴するぶんには
機器を新しく調達する必要がありませんでした。

元々、うちのテレビは部屋のオプションの一つなのですが、
地デジ化の折に、アナログTVで地デジを映すべく
Buffaloの外付けチューナーが導入されていました。

受像した番組をコンポジット端子で出力する仕組みだったので、
例の赤白黄色のケーブルをPCに繋いであげれば……
うん、やはり映りました。よかった。

レコーダーではないため予約録画等はできず
利便性については微妙ですが、視聴には差し障りありません。

……今日は家庭用ゲーム機戦争の動画を見ていて、
ゲームギアのTVチューナーが印象に残っていて、
そういえばゲームボーイアドバンスにも
アドバンTVというサード製のTVチューナーもあったなぁ、
という連想の末に気づいた事実でした。連想ルートが謎。

ともかく、これで快適に視聴することができます。
何を隠そう、先週は音声出力がTVとPCとで分かれていた都合で
ヘッドホンの上からヘッドセットという
よくわからない装備で数時間過ごしていました。
やっと普通に視聴できる……!


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

DLsiteの『なごみの耳かき』、ようやく試せました!

ちょうど1年くらい前に、
ジャイロセンサーがなくて断念した
DLsite.comの『なごみの耳かき』。

その後に買い替えた現スマホ、Zenfone 3 (ZE520KL)には
ジャイロセンサーがついていることに気付き、
今日、ようやく挑戦しました。

VRゴーグルとBluetoothコントローラまで購入したのに
ジャイロセンサーがないという事前調査不足のために
試せていなかった、『なごみのVR』、試しました!!

久世選手、図らずも、この1年間で音声作品経験値が高まっています
やわらか淫語ぷち~ロリお狐様の癒らし甘宿り編~姫香の包茎オナてつ~最低の皮余りち○ぽにして差し上げます~搾精ヴぁんぱいあ!~ロリ吸血鬼のち○ぽ罵倒~癒され茶屋 あやめ庵 (※すべて18禁作品)
あ、1番目と4番目オススメです。
「ロリお狐様の癒らし甘宿り」と「癒され茶屋 あやめ庵」。
特に後者はダミーヘッドマイクを使ったバイノーラル録音で、
耳で聴く麻薬みたいな感じあります。ぜひともイヤホンで。
シチュエーション的には、疲れて癒されている身分で
無垢な子にセクシュアルハラスメントをキメていく感じです。

久世選手VSなごみ選手、対戦の様子。

前半戦。

そんなこんなで経験値とともに期待も高まっていた久世選手。
なごみみを起動し端末をVRゴーグルにセット、装着します。

ストーリー説明のナレーションを聞くと、
場面は切り替わり、落ち着いた雰囲気の茶室へ。
ここが本日の舞台となります。選手、入場です。

さあ開幕の一手。

なごみ選手に横になることを促される久世選手。

寝るのか? 寝るのか、久世選手……寝ーなーいー!

久世選手、寝ない!
正座するなごみ選手の前に正座し、なごみ選手をガン見だー!

ほほえみながら諭していたなごみ選手、
ムッとした様子で、久世選手をとがめます。

しかし久世選手、それを聞いて悦に入っている!
こーれーはー気持ち悪い! 気持ち悪いです久世選手!

後半戦。

……おっとぉ?
状況が変わったようです。
久世選手、寝ましたね。寝ましたが……?

横にならないー!
久世選手、頑なに耳かきに抗う!
これにはなごみ選手も困り顔です!

しかし満足したのか久世選手、なごみ選手に左耳を向けます。
久世選手の視界には、自然豊かな日本の夏、
とても落ち着いた風景が広がっております。

なごみ選手、待ちの甲斐がありました。
久世選手の左耳に集中攻撃です!
あーっとぉ! 久世選手、声音や息の吹きかけに悶えている!
くやしい! でも感じちゃうーッ!
人類は梵天には抗えないーッ!

はい、冷静で素直な感想を書きます。

というわけで、対戦実況風に
VR体験の一部始終を書き起こしてみましたが、
感想は全く伝わらないと思うので、冷静に書いてみます。

総評: お手軽さのわりにしっかり!

まず、無料アプリで手軽に試せるVR体験としては
正直言って申し分ないな、と感じました。

二次元に入るってこういうことですよね……と
なごみちゃんに責められながら
しみじみとうなずきました。

ジャイロセンサーを利用して顔の向きの状態を取得することで、
向きに応じたインタラクティブな表現ができるのがいい感じです。
横にならずに耳かき拒否とか。

欲を言えば、もうすこし。

細かい要望としては、
音声パターンがもう少し豊富だといいなぁというのと、
ループで耳かきしてもらい続けるモードほしかったなぁというのと、
立体音響がそれほど精度高くなかったのが少し残念でした。

特にパターンについては、
耳かき拒否してるときの音声がかわいいので、
もっとたくさんお困りボイス聞きたかったです。

難しさを感じる……

技術的課題としては、
一つは、フェイズ切り替え時の音声処理。
なごみの耳かきは、こちらの顔の向きに応じて、
寝る前、寝て耳を向ける前、耳を向けた後の
3フェイズに分けられるのですが、フェイズを切り替えると、
再生されていた音声がぶつっと切られてしまいます。

これは入力(顔の向き)が
リアルタイムに変わっていくという性質上、
まともに対応しようとすると難しい問題だと思います。

もう一つは、服などのポリゴン処理。
わりとめり込みや欠けが発生するのですが、
VRで発生すると、けっこう没入感が阻害されます。

こちらは、無料公開のアプリということもあり
衝突処理とか厳密に埋め込む手間を考えると
仕方がないかなぁと思います。
さくっと衝突処理を実装してくれるツールとか生まれるといいな。

VRのこれからを考える意味でも、ぜひ。

実際に体験してみると、
今までのコンテンツでは難しかった新たな表現であったり、
体験と技術とのギャップであったりを実感することができます。

リッチなVRデバイスもいくつか実売されていますが、
完全に普及するまでにはまだまだ時間を要するかと思います。

ジャイロセンサーが備わっているスマホをお持ちであれば、
手軽に体験することができるので、なごみの耳かきか
CardBoardあたりをインストールして、ぜひとも体験を!


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

創作でもやっぱり記録が大事!

ネタの化学反応、「記録しておくこと」が大事ですね。
以前思い浮かんだことを後々ふと思い返すタイミングで
内容をちゃんと振り返ることができる、というのが重要です。

最近思い浮かんだ設定と、1年くらい前に
簡単なプロットまでは用意したものの決め手に欠けたため
寝かせておいたネタとが見事に合致したことにより、
最近ちょっとワクワクしています。

設定やシナリオについてはある程度の時間を投入すれば
書ききれる目処が立っているのですが、
併せて制作するべきイラストが、時間の目処立たず。

Twitterなどのヘッダーを更新したいので、
ヘッダー用画像の作成がてら、時短に挑戦します。

や、時間をかけて品質を上げること自体はいいんだけれど、
なんかあまり本質的でない部分に
時間をかけている感覚があるのですよね……
勘違いだったら良いのですが、大抵勘違いじゃないです。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

秀丸エディタにウィンドウ位置を記憶していただく

秀丸エディタのウィンドウが毎回決まった場所というか、
初期位置っぽいなぁと思いオプションを確認したら
「最後のウィンドウ配置を覚える」というものがありました。
オンにしたところ、ウィンドウ位置を記憶するようになりました。

サクラエディタユーザーであったものの
秀丸エディタもそこそこ使っていたので、衝撃でした。

……実は毎回ウィンドウを移動させていた自分と、
この機能の存在に気づかなかったこと、その両方に。

秀丸のアウトライン解析はいいぞ。

ファイルの自動保存や排他制御の設定など、
少しマニアックながら地味に役立つ機能も持っているので、
昔ながらの人でなくとも、秀丸エディタが役に立つ場面も多いです。

イチオシの機能はアウトライン解析機能で、
文章に含まれる文字列パターンを自動で解析して、
ツリー表示してくれるというもの。

ツリーに抽出された見出しから該当箇所にジャンプでき、
構造的な文章を書くときなどに重宝します。

同様の機能はサクラエディタも備えてはいますが、
秀丸エディタでは自動解析の挙動を自分で設定することができます。

Windowsで使用する日本語テキストエディタでは、
サクラエディタと秀丸エディタが二強です。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

BGBのクトゥルフTRPG動画を観ました

2日続いてニコニコ動画ネタですが、遅ればせながら
「本当にあったSAN値が下がるクトゥルフTRPG」を観ました。

というか、BGBのTRPG動画は一通り観ました。テヘッ☆

どのリプレイからも感じるのは、卓に参加している人が、
ゲームマスター(GM) / プレイヤー(PL)を問わず
楽しそうにロールプレイをしているなぁということでした。

みんな悪ノリ上等!という感じで、かといって
GMの意向を意図的に踏みにじるようなことはせず、
あくまでロールプレイに徹する。

システムやシナリオだけではなく、
メンバーに恵まれていないと難しいプレイだなぁと感じました。
……リプレイがそう見えるだけかもしれませんけどね!

まあ実際GMもPLも人間なわけで、
大変な手間をかけて嫌な思いをするのであれば
繰り返しやろうとは思わないだろうし、
全員が気持ちよく、楽しくやれているというのが
すごいなぁ……と思います。素晴らしいものでした。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

男子新体操 井原高校の演技がすごい……

ニコニコ動画でNieR ReplicantのBGMを探して聞いていたら
男子新体操のインターハイにおける井原高校の演技がヒットしたのですが、
ただでさえBGMが良い上に、本当に曲と合った、
そして高度な演技が繰り広げられていて、
おそろしいほど美しかったです。

編隊で同じ動きをするシーンでの動きがピタリと合わさっていて、
交差するときにはすさまじいスピード感とキレがあって、
しなやかな振りは女性的な動きもよく表現されていて……
技術力でも、芸術性でも、とてもすばらしいと感じました。
新体操については完全に門外漢なのですけれど。すごい。

あと、「禁断の鹿実」なんてタグもあったので
鹿児島実業高校の演技も見たのですが、
……こちらはネタに全振りしてますねw

バカを全力でやる姿勢には好感が持てますが、
繰り返し観たくなるのは芸術性の高い演技の方かも。
ただ、技術があるからこそやれるネタだと思うので
見る価値はあると思います。気の抜けるネタですし。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

ヒビの入り方で察しますよね

最近の習慣として、1日の最初に割る
生卵の割れ方によって運勢を占うという
「今日の生卵占い」を嗜んでいるのですが、
今日の結果はかなりひどかったです。
なんせ割る前に割れましたから。床に落として。かなしい。

ひさびさにニチアサ観ました

ニチアサを久しぶりに見たのですけれど、
今季(?)のプリキュアめっちゃかわいいですね。
キラキラ☆プリキュアアラモード。
なんか年を経て好みが変わったのか、
青い子が気になります。次点ピンクか紫か。

キュウレンジャーとエグゼイドとプリキュアと、
ここまでの話を何かで補完して把握しつつ、
引き続き観ていきたいなぁと思います。

キュウレンジャーは司令が戦うのがいいなぁって思いました。
リュウコマンダーのデザインも好きです。マント大事。超大事。
あとメンバーすごく多いですね。2月スタートですよね……?
3体合体だからかもしれませんが、合体ロボのデザインは
あまりかっこよく感じませんでした。
リュウボイジャーが担いすぎだと思います。

エグゼイドはなんか龍騎で言うサバイブ的な
フォームっぽいのが既に登場していましたけれど、
胸にどかんと顔ってすごくかっこわるいですね……
というか全体的に目のデザインが仮面ライダーというより
SDガンダムやこれ!って感じです。ミスマッチ。
バグスターが人を素体に作られているらしいという
核心っぽい設定にいきなり触れることになりました。
あと、ポッピーピポパポは名前が独特だったので一発で覚えました

あ、ヘボットもちゃんと観てますよ。
公式MADと嘘予告(?)の混沌とした構成で
毎週やっているんですね、完全に把握!って感じでした。
初見にもやさしい内容です。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

動画も作ってみたいなぁ

Youtubeやニコニコ動画で見る動画、
作業用のBGMか肉声実況なしのゲームプレイ動画が
ほとんどなのですが、そういえば
TRPGのリプレイ動画などもあるんですよね。
動画編集の練習がてら、ちょろっと作ってみようかしら。

ノベル形式のアドベンチャーゲームがよく
「紙芝居」なんて揶揄されたりしますけれど、
紙芝居は紙芝居で良さがあるかな、と感じます。

作る側としてはまあ、必要素材は抑えられますし。
遊ぶ方としても、読み物としての快適さを重視して、
紙芝居としての方向を突き詰めるのもアリだと思います。
……もちろん、そのメディアの特色を
大切にするのも自然なことですけれど、ね。

要は全体的な統一感というか、バランスの良さというか。
いずれかの要素が足を引っ張ったときに欠点に感じるわけなので、
それを欠点として感じさせないような仕上げ方をしてあげれば、
ちゃんと見られるものになるのです。

……というわけで、挑戦だ!


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

自分の好きに試行錯誤をするのが楽しい、のかなぁ

ゆっくりゲームをやりたいのですけれど、
最近は地味にゲーム断ちをしていたりします。
……今後の生活に関わりますしね!

ゲームに関してはけっこう際限なく
遊び続けられちゃう方なので、なおさらに。
ベースラインさえ整え終えられれば、
プレイ動画を撮って投稿したりもアリだと思うのですが。

売れそうなものを整理して、
どのように売っていくかを考えて。
その試行錯誤もある意味での遊びのように
心が躍るので、何をしていても楽しいです。
他人から強制されていないこと、
自分が乗り気なことは、何でも楽しいですね。

あとは「好きこそものの上手なれ」の言葉の通り
少しでも広く深くスキルを得られたらいいなぁとか、
そのスキルを活かして、他の人の役に立ちつつ
お金をもらえたらいいなぁとか、
そしてお金がたくさん手に入ったら
他の人のためにたくさん使っていきたいなぁとか。
取り留めのない思いが浮かびますが、
まずは目前のことに集中、です。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら