秀丸エディタにウィンドウ位置を記憶していただく

秀丸エディタのウィンドウが毎回決まった場所というか、
初期位置っぽいなぁと思いオプションを確認したら
「最後のウィンドウ配置を覚える」というものがありました。
オンにしたところ、ウィンドウ位置を記憶するようになりました。

サクラエディタユーザーであったものの
秀丸エディタもそこそこ使っていたので、衝撃でした。

……実は毎回ウィンドウを移動させていた自分と、
この機能の存在に気づかなかったこと、その両方に。

秀丸のアウトライン解析はいいぞ。

ファイルの自動保存や排他制御の設定など、
少しマニアックながら地味に役立つ機能も持っているので、
昔ながらの人でなくとも、秀丸エディタが役に立つ場面も多いです。

イチオシの機能はアウトライン解析機能で、
文章に含まれる文字列パターンを自動で解析して、
ツリー表示してくれるというもの。

ツリーに抽出された見出しから該当箇所にジャンプでき、
構造的な文章を書くときなどに重宝します。

同様の機能はサクラエディタも備えてはいますが、
秀丸エディタでは自動解析の挙動を自分で設定することができます。

Windowsで使用する日本語テキストエディタでは、
サクラエディタと秀丸エディタが二強です。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました