働き方は変わっているのか

ここ数週間くらい、はじめの月~水くらいで
少し頑張って、木~金で軟着陸していく、という
大まかな流れに沿って日々の仕事をしています。
頑張りの幅は本当に少しって感じですけれども。

お客さんとお話したりしていると
定時退社が厳命されていても
こっそり残業をしているような職場もある様子。

あるいは、夜に残業をしないために、
朝残と言って始業前に出勤し、仕事をするのだとか。
……それはそれで、なんか本末転倒ではー……?

時限の管理ではなく、作業量や負荷を減らしていく方向で
取り組みが進んでいくといいなぁ、と個人的には思います。

生きるために、賃金を得たい。
報酬を得るために、労働をする。
労働するために生きているのではない、と思うのです。

もしも仕事に生き甲斐を感じているならば、
それはきっと貢献や奉仕に喜びを見出しているということだと思うので、
それはそれで好ましいことだと考えますが、
誰しもがそのような仕事に巡り会えているわけではないと思います。

いわゆる天職のようなものに、より多くの人が出会えれば、
幸福度としても、人材配置としても、
より理想的な社会に近づくはず……と信じています。

そのために私が今できることはというと
たぶん「てきとーに会社辞めてもわりとなんとかなるよ」みたいな
モデルケースの礎になることかなーと考えています。

私の代で成功するかはわかりませんが、
一つのサンプルになればいいなって思います。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました