随想

ソシャゲはゲーム性が壊滅していても成立するのではないかという話。

投稿日:

 極論ではありますが、タイトルの通り「ソシャゲはゲーム性が壊滅していてもユーザーが求める効能は満たしているのではないか」と思ったので、そのことについて書き連ねてみる。

この記事における「ソシャゲ」の取り扱い

 「ソーシャルゲーム」の元々の意味合いとして、MobageやGREEやmixiといったSNSプラットフォームにおいて提供されているゲームを「ソーシャルゲーム」と総称していました。

 ただ、近年では、「アイテム課金」および「ガチャ」があったり、「スタミナ制」などの要素が備わっていれば、ネイティブアプリだろうがブラウザゲームだろうがおよそソーシャルゲームと呼ばれているような気がします。

 この記事では、ゲームの提供形態よりも課金手段に注目したいので、基本無料でアイテム課金またはガチャによって収益を得ているゲームを「ソシャゲ」と呼ぶこととします。ご了承ください。

なぜヒットするのだろうという疑問

 スマートフォンおよび通信網の爆発的な普及に伴い、非常に多くのソシャゲがリリースされたりサービス終了されたりしています。その中でも一定数のヒットタイトルが生まれて、ユーザー数○万人突破!なんてフレーズも耳にしたりします。

 ユーザー数の計測方法については怪しいもので、いわゆるリセマラで伸びている数字も多分にあるのだろうなぁとは思うのですが、ヒットしているであろうことについては、疑いようもありません。

 しかし、ヒットしているタイトルでも、コンシューマーゲームと比べてしまうと、少し物足りなく感じます。課金手段による制約もあり、ゲームデザインがある程度固まってしまっていることが主な要因ではないかと思います。

 もちろん、ヒットしている以上、ソシャゲとして面白いものであることは期待してよいのですが、面白さの性質が、コンシューマーゲームとは決定的に違うような、そんな感覚を覚えたのです。

求められる役割が違うという仮説

 あくまで仮説ではありますが、おそらくソシャゲは、「ゲームとしての役割をさほど求められていない」のではないか、と思います。

 ソシャゲにおいて、ランダム性は欠かせない要素です。ガチャはランダム性を利用した課金手段そのものですし、ゲームプレイにおいてキャラクターやアイテムをランダムに入手できるというものについても、スタミナ制を採用しているソシャゲであれば、それはアイテム課金への導線となります。

 課金を促すと同時に、入手するアイテムにランダム性があるおかげで、同じタイトルでも、攻略における経路がユーザーごとに異なってきます。

 攻略経路が異なることで、クリアするまでに得られる体験が一人ひとり微妙に異なり、ソシャゲを遊ぶことがコミュニケーションツール(というか話のネタ)として成立するようになります。

 そして、コミュニケーションに用いる目的で遊ぶからこそ、実はソシャゲは、コンシューマーゲームにおいて求められるような面白さを、必ずしも必要としてはいないのではないか、と思うのです。

自らの物語を共有するために遊ぶ

 仮説の通りであれば、ソシャゲの本質は、乱数によって生成される自らの物語を得ることと、その共有です。ユーザーはゲーム自体を遊ぶことよりも、コミュニケーションすることをゲームのように楽しみます。

 乱暴に言ってしまえば、いわゆるクソゲーでも、ガチャやドロップが渋くて苦しくても、そのゲーム体験を共有する相手さえいれば、ソシャゲを遊ぶ目的は達成できるのです。

 学校での話題についていくためにドラクエを遊ぶとかテレビドラマを見るとか、そういった行動と、本質的には違いがありません。共通のコンテンツをベースとした、意見の交換。それが形を変えて流布しているだけなのです。

 はじめにソシャゲの定義について軽く触れましたが、現在においては、友人との会話やSNSなどのコミュニケーションに用いられる、いわば社交的なゲームという意味合いで、ソーシャルゲームと呼べるのかもしれません。

余談

 ソシャゲのヒットの裏には、今の社会における「交流することの難しさ」みたいなものがあるのかなぁ……?とぼんやり感じています。

 インターネットの普及によって多種多様な情報を得られるようになりましたが、同時に、欲しい情報を自分で探すようになっていて、共通の話題を得にくくなっているのではないかなぁと。

 顕著な例では、テレビを見ない人とか。コンテンツについての話は、共通の話題として比較的ハードルが低いです。テレビと同様に、ソシャゲもカジュアルに遊ぶ分には手間がかからないので、テレビが担っていた役割の一部を、ソシャゲがひっそりと担っているのかもしれません。

 ただ、書籍やテレビドラマといったコンテンツとゲームとで特に違う点は「対話的である」ことで、それとランダム性が組み合わさることで、ユーザーが自身の体験として昇華しやすくなっています。そのため、ソシャゲの話は、比較的盛り上がる話題になるはずです。

 一応は「なぜヒットするのか」という疑問についてのマクロ的な視点における答えになりうるかと思いますが、実証するにはミクロ的な視点の方も詰めて「理論上売れるソシャゲ」みたいなのを作って発信しなければいけないのでは……と思うので、疑問や仮説に留めておきます。

 あと、最悪クソでも成立するのではないかというだけで質の悪いゲームを容認するわけではありませんし、かといってソシャゲが劣っていると言いたいわけでもないことは念のために明記しておきます。楽しんだもん勝ちです。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

AdSense




AdSense




-随想

執筆者:


  1. いしかわ より:

     ソシャゲを楽しそうにしてるのはよく目にしますが、自分にあいそうではないので手を出してません。応援してるコがソシャゲで声優デビューなんだがどうすればいいのか
    広瀬ゆみ@NEO☆学院 ttps://twitter.com/NEO_Hyumi
    NEO☆学院はふくおか官兵衛Girlsの姉妹グループ。

    >共通の話題
    これはあると思います。流行を追う是非はともかく、あれもしないこれもしないで孤立するのは高くつくと私は言ってます。

  2. くぜうりう より:

    応援している子の声優デビューだとしても、あくまで「ゲームとして楽しめそうかどうか」でいいと思います…
    場合によっては対象作品が膨大になるし、人生って有限だと思うので、拾えるものを拾う感じで…

    > あれもしないこれもしないで孤立するのは高くつく
    その通りだと思います。
    流行りものでも何でもいいので、色々やって、楽しんで、交流するのが一番いいです。

記事にコメントする(本文のみで投稿可能です)

関連記事

no image

好ましい人と美しさ

一時的に好きであるとか、条件付きで好きであるとか、 時と場合によって好ましい働きをする人はいますが、 どんなときでも好きな人というのはどのような人かと考えると、 やはり自分にはないものを持っていて、尊 …

no image

2にしたところから始まる

世界を構成する要素の最低数は、2です。 この数字は、立ち位置や役割と言えば良いかもしれません。 人間が2人である必要はなく、2つの要素があればよいです。 無機物、自然、果ては自分自身というような『何者 …

no image

オタクはなぜ気持ち悪いのか

 オタクはなぜ気持ち悪いのか。それは、オタクが理解されないからです。  予防線を張っておくと、この記事は特定の方を攻撃する意図で書いているわけではありません。そもそも私も二次元の美少女キャラクターが大 …

no image

持つものと持たざる者

凡人が見ている世界と、天才が見ている世界は違う。 世界は同じでも、その見え方が違う。 昨日の記事では、麻薬こそが2つの世界を繋ぐ鍵ではないか、と語った。 富んでいる者と乏しい者、知る者と知らざる者、有 …

no image

応援したい理念だけれど

某店で牛すき鍋定食がメニューに追加されたのを見ると、 あー、ワンオペの季節だなーって感じます。 ……や、なんかワンオペが話題になった頃に 「鍋系は地味に手間が多くてワンオペ状態だとつらい」って ツイー …

 久世うりう のブログ。好きなものを推して生きていく。ゲーム、アニメ、マンガ、えっちコンテンツ、なんらかの制作、日記など、そのとき最もノッてることを書いてます。商品リンクはだいたいアフィリエイト。

◆直近のイベント

直近のイベント

今後のイベントはありません

Twitter @kuzeuriu

アフィ枠!(素直)

○ノンデザイナーズ・デザインブック

「理解しやすい配置の基礎」をやさしくわかりやすく解説している本。初学者さん、思いがけずレイアウト・デザインの必要に駆られた方。デザイナーかノンデザイナーかを問わず、活かせるものを見つけられるかと思います。

2019年11月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930