アズールレーン、はじめました。

コンテンツ鑑賞

 年始に友人からプッシュされまして、アズールレーンを始めました。

 これまでにもFate/Grand Orderやデレステ、スクフェス、ガルパあたり始めようとしたことはあったのですが、不正対策のためか
root取得済の端末
では起動できなかったのですよね。

 アズレンはすんなりと起動できたので、遊んでいます。あ、特に不正等はしてないですよ。

プレイ状況と序盤の要点

 というわけで、1月2日から始めて15日間、ひいひい言いながら指揮官レベル50に到達しました。通常海域は5-4までは☆3クリア済み、といった攻略状況です。

 この記事を読んでから始める人がどれほどいるかわかりませんが、ここまでプレイしてみての要点をざっくりとまとめると、こんな感じです。

  • 敵を倒せない ⇒ クリア済の海域を周回してレベリング
  • 艦のレベルが上がらない ⇒ "寮舎"で訓練させる
  • 燃料が余る ⇒ "寮舎"でカレーと交換する
  • 燃料が足りない ⇒ 節約しつつ"委託"を回す
  • 資金が余る ⇒ ”購買部”で金色の装備箱と交換する
  • 資金が足りない ⇒ 節約しつつ"毎日"を回す
  • ダイヤが足りない ⇒ ショップで明石が売ってるにゃ

 レベリングと、そのための"寮舎"がめちゃくちゃ重要なゲームでした。寮舎で訓練させると、放置していても経験値が入る上に、コンディション回復によって経験値取得効率が上がります。

 艦のレアリティについては通常の周回ではそれほど重要ではないので、気に入った艦を育成していく方針で問題ないと思います。

 序盤の要点、なんて見出しつけましたけど、ちょうど10章が実装されるというメンテナンス通知がきてたので、ギリギリ中盤かも。

 5章終了時点ではこの程度で済んでいますが、6章以降はメンバーのスキルであったり、装備強化、ユニット改造といった要素にも注意してあげないといけないのかなー。とりあえず設計図を集めます。

ホクロ。すき。

 けっこうお手軽に好きなキャラを愛でられる感じのハック&スラッシュ系ゲームでいいな、と感じました。

 でも、アズールレーンで最も感銘を受けた部分は、別にあるんです。

 それは……

 ホクロの使い方が上手い。

 これ。

 や、日本で触れられるコンテンツを見ていると、遭遇するホクロのパターンって、泣きボクロか、口元か、胸の谷間かのどれかに該当するじゃないですか。

 実際アズールレーンでも泣きボクロのキャラクター多いんですけど、ダウンズとカッシンの(擬人化後の)デザインにおける対称性を強調するために使われてたりとか、イラストリアスや愛宕のように豊満なお姉さんに使われたりとかしてます。

 一番グッと来た キャラクターが、プリンツ・オイゲンです。

 脇を強調するようなトップスのおかげで脇乳的な乳房の膨らみが確認できるのですけど、そこに慎ましくホクロが鎮座しているんですよ。

 しかも建造回してたら開始初日くらいに早々に来てくれて、アンニュイかつ蠱惑的な性格をしてて、戦闘になると勇ましくて、おまけに声は佐倉綾音さん。もう無理。最高。ホクロの有無に関わらず最高。

 むしろプリンツ・オイゲンでホクロの良さに目覚めて、以後ホクロ持ちキャラをつぶさに観察しているまであります。この記事をご覧になった方は、ホクロ。ぜひ、注目してみてください。

おもいっきり楽しみます!!

 なかなか流行と私の嗜好とが上手く噛み合わずにいました(主に私が最近DMM系のゲームに傾倒していたせいです)が、アズールレーンは私も楽しくマイペースに追っていけそうです。

 というかプリンツ・オイゲンを眺められるだけでもう楽しいです。二次創作イラストなんかも積極的に描いていけたらいいなぁ。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました