誰にともなく発信する

 私たちは普段から、自分以外への誰かへ、メッセージを発信している。
 メールやチャットツールで行うコミュニケーションには、相手がいる。
 TwitterなどのSNSも、その拡散性を考慮すると、文面や内容を少し考えてから発信をしてしまう。

 相手がいると思って立ち止まると、「あえて自分が言わなくてもいいかな」とか「なんらかの形にしてまとめてから発信するべきかな」という結論をして、行動を起こさずに済ませてしまうことが多いな、ということに気づいた。
 そうすると、自分が生きているという情報を発信する機会が本当になくなってしまって、心の在り方や情緒までどこか薄れてしまうように感じた。

 それは嫌だなあ、と思ったので、非常に内的な、日記としての運用から、ブログの更新を再開していくことに決めました。

 現在の私を書き留めておくことから始めて、少しずつ、他の情報や作品の発信についても進めていければよいな、と思います。
 日々のメモなどをもとにすればそれほど時間も要さないと思うので、更新頻度はそれなりに確保できるはず。


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら