「いま」

あの日々は確かにもう戻ってこない。けれども、今という時もまた今しか訪れない。
素晴らしいね。今がずっと続けば良いのに。でも、きっと続かないからこそ今というのはより尊いのだろう。
それでも変わらないもの……永遠を求めるのは人が夢を忘れられないからだろうか。
幻想を幻想として、過去を過去として埋葬できないから永遠という夢を見るのだろうか。
何にせよ、今という瞬間は根拠など無くとも確実に存在している。
過去や未来を証明するには根拠が必要だが、現在にはそんなものは要らない。
今、ここにある。それはその人物が認識できる以上、紛れもない事実なのである。
……誰だ道端にオナホのパッケージ捨てたやつ。
花火の箱と見間違えたじゃないか……orz


記事をご覧頂き、ありがとうございました!
質問・意見・感想等ございましたら、気軽にお寄せください。

書いた人: 久世うりう (kuzeuriu)
お仕事のご依頼・お問い合わせは こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました